新着情報

次回公演   8月にイプセン作品を上演予定です。

「管理人」無事終了いたしました。ありがとうございました!

西田 正一人芝居「ダミアン神父の生涯」
"ハワイのモロカイ島に流された悲惨なハンセン病患者たちの救いのために、 単身島に渡り、命を捧げたひとりの神父。
その墓標には「友のために命を捨てるより大きな愛はない」という言葉が刻まれている。
その愛は、現代に生きるわたしたちに生きることのbr
意味を投げかけ、そして教えてくれる"

当劇団主宰・西田 正は、1998年より13年間、毎月最終月曜日に、一人芝居「ダミアン神父の生涯」を上演しています。
この公演は、どなたでも無料でご覧いただけます。

西田 正の"ライフワーク"である「ダミアン神父の生涯」、ぜひ一度ご覧ください。
   
脚本:西田 正

演出・照明:花島宣人

日時:毎月最終月曜日を予定 / 19:00 開演(開場は30分前)
   詳細については、お問い合わせ下さい。

TEL:090-8940-2274(西田)
会場:イプセンスタジオ
料金:無料  
イプセン記念日行事2006「イプセン国際会議演劇祭」に参加
"イプセンを上演する会"は、2006年5月にバングラデシュの首都ダッカで
開催された、イプセン記念行事2006「イプセン国際会議演劇祭」に参加
しました。
【イプセン国際会議演劇祭】

ヘンリック・イプセンの没後100周年を記念し、日本、インド、ネパール、
スリランカ、パキスタン、台湾などアジア7カ国の劇団が参加し、
イプセン作品を上演。
またヨーロッパ、アメリカ、アフリカを含めた世界各国より、
イプセンの 専門家、劇場関係者たちが一同に集う国際的なイベント。

上演作品:「ゆうれい」(毛利三彌/訳 花島宣人/演出)
期間:2006年5月11日〜18日
会場:バングラデシュ国立劇場/オーディトリアム
主催:センター・フォー・アジアンシアター/Centre for Asian Theatre (CAT)